韓国カルチャー解析

これまでにない角度で韓国カルチャーを解析

韓国の繁華街にアダルトショップが増えたことへの考察~変わりゆく韓国の男女観

※この記事は韓国の社会意識についてお伝えするものであり、成人向けのコンテンツではありません。

最近、韓国の繁華街を歩いていると、ひときわ目立つ店が目にとまる。おもにピンクや赤の系統の外観で、一見するとインスタ映えカフェやコスメショップのようにも見えるのである。

 
f:id:tomhangeul:20190501223545j:plain


何かと思ってお店に近づくと、立て看板にはハングルで「成人用品(성인용품)」などと書かれていたりする。そう、これは大人のおもちゃのお店、アダルトショップなのだ。

外観がピンクと言っても卑猥さは全くと言ってもいいほど感じられない。外から店内が見えるのだが、商品はそれほど多くなく、それぞれのグッズがすっきりと陳列されており、日本のショップのような(入ったことはないが...)雑然とした感じはしない。


最近ではこのようなショップが韓国の繁華街に堂々と並んでいる。筆者がこのような店を初めて見かけて驚いたのは、昨年(2018年)のソウル・延南洞(연남동)であった。

 

f:id:tomhangeul:20190501220545j:plain


なぜ筆者がこれに驚いたかといえば、韓国では儒教の影響により、性的なことに関しては隠される傾向にあったからだ。テレビでは厳格な放送コードが定められ、画面の右上には12歳、15歳、19歳など推奨年齢が表示される。

アイドルがセクシーなダンスをしようものなら「煽情的(선정적)」という烙印を押され、しばしば議論の的になっていたからだ。

 
今やアダルトショップは、ソウルはもちろん、大邱の東城路、釜山の西面といった地方の繁華街のなかでも人通りの多い場所に、コスメショップとさほど変わらない外観でお店を構えているのである。

 
たしかにこれまでも成人用品を販売する店はあった。看板こそ目立っていたかもしれないが、雑居ビルのワンフロアにあり、通りから店内が見えるようなことはなかったと思う。実際に購入するにしても、ネット通販を利用していた人も多いはずだ。

実際に釜山・西面のとあるお店の前で足を止めてみると、20代前半とみられる若い男女が手を繋いでお店に入っていく。それも1組、2組と短時間のあいだに。

 

f:id:tomhangeul:20190501212622j:plain


筆者としても、どんなものが売られているのか気になり、人生で初めてこのようなお店のなかに入ってみた。


そこで売られていた商品は、TENGA(テンガ)や、男性器を模したバイブが陳列されているほか、女性が着るためのセクシーなコスチュームなどがハンガーにかけられており、レジには白衣を着た男女の店員がいて、その前の棚には男性用コンドームだけでなく女性用も販売されていた。店内には日本から輸入されたとみられる商品もあった。

 

●性に関する意識が開放的になっている

韓国は性に関する意識がかなり開放的になった…。そう思っていた矢先のこと。昨日(2019年4月30日)の朝鮮日報で「日本発アダルトグッズTENGA、韓国で売り上げ急増」という記事が公開されていた。韓国では前年比185%増になったのだという。

記事では売り上げ増の理由について、メーカー関係者のコメントが以下のように記されていた。

同社関係者は「韓国でも性が表で論じられるようになり、誰でも楽しむことができるものへと認識が変化していることを感じる」と指摘した。引用元:日本発アダルトグッズTENGA、韓国で売り上げ急増-Chosun online 朝鮮日報

www.chosunonline.com


先日、筆者は韓国の結婚事情に関する記事を書いた。男女の恋愛はオープンになっているのにも関わらず、経済的な事情もあってか、未婚・晩婚化は日本よりも深刻な状態になり、2018年の出生率はついに1倍を割るような状況になった。

traveloco.jp


詳しいことは上の記事を読んで頂けたらと思うが、儒教の「男女有別」という教えもあり、男女関係は厳格だった。伝統家屋の韓屋は、男女が過ごす空間が別けられていた。おそらく今の40代以上(?)の人たちは、人目のつく場所でキスをすることも避けてきたのではないかと思う。男女が集まる場で「下ネタ」を話すことは、基本的にはあり得ないことだった。

近年は男女交際もかなりオープンなものになり、街中でベタベタしたり、電車のなかでキスをする若者を目撃することもかなり増えてきました。(中略)性に関することや男女関係に関しては、少し前までかなり保守的なものがあり、時代の流れとともに変化しています。引用元:厳格な男女関係も今は昔…なのに未婚化が止まらない! 韓国の結婚事情 - 海外ZINE

 

しかし最近、公共の場所でキスをする若者を日本以上によく見かけるようになり、男女の結びつきはかつてより堂々としているように見える。若いカップルが一緒にアダルトショップへと、人目を気にせず入っていくような時代へと変わっているのである。

こんなところからも、男女関係に関する儒教的価値観が薄れていることがわかる。変化の速い韓国では価値観が変わる速度も速いようだ。「性が表で論じられる」ようになるスピードは、日本をしのぐ勢いで進んでいくことだろう。