韓国カルチャー解析

これまでにない角度で韓国カルチャーを解析

K-POPを登場曲にするプロ野球選手一覧(2018年)

K-POPが人気を集め、日本でも大衆化しているなか、プロ野球選手の登場曲として採用する選手は増えています。そこで2018年の登場曲でK-POPを選んでいる選手をまとめることにしました。

●選手登場曲はどんな時に流れる?

プロ野球の選手登場曲が何かを知らない方のために、念のため説明しておきましょう。打者がバッターボックスに入るときや、投手が先発や交代でマウンドに上がるときに流れる曲です。

選手自身がみずから選び、気分転換のためにシーズン途中で変えたりする選手もいます。またその試合だけ使うこともあり、良い結果を出せたらレギュラー化するといった験担ぎの要素も大きいのではないかと思います。

パ・リーグ
パ・リーグの選手でも主力選手でK-POPを使っている選手がいます。西武の浅村栄斗選手がBIGBANGの「BAEBAE」、日本ハムの近藤健介選手がSHINeeの「Boys Meet U」、金子千尋投手はiKONの「SINOSIJAK REMIX」に設定しています。

 

パ・リーグ    
埼玉西武 曲名 アーティスト
浅村 栄斗 BAE BAE BIGBANG
金子 侑司 陽のあたる坂道 D-LITE (from BIGBANG)
福岡ソフトバンク    
二保 旭 BOOMBAYAH(JP Ver.) BLACK PINK
寺原 隼人 Outro : Wings 防弾少年団
張本 優大 My Heaven BIG BANG
中村 晃 LOUDER SOL
釜元 豪 ハートブレイカ G-Dragon
北海道日本ハム    
近藤 健介 Boys Meet U SHINee
石川 亮 3 2 1 SHINee
千葉ロッテ    
安江 嘉純 FIRE 2NE1
オリックス    
金子 千尋 SINOSIJAK REMIX iKON
東北楽天    
松本 京志郎 ガラガラGO BIG BANG

 

Twitterなどで頂いた情報によると、つい数日前の試合で西武・浅村選手が、ソンミのGashina(가시나)を使った、という話や、過去には中村晃選手がiKonの曲を使っていたという話もあり、表で示したもの以外にもお好みの曲があるのではないか、ということがうかがえます。

 ●セ・リーグ

一方でセ・リーグは横浜DeNAの選手がBLACKPINKの曲を多数選んでいるところが特徴的ではあります。とくに石川雄洋選手は打席によって使い分けて2曲を指定。

阪神の荒木郁也選手や、広島の西川龍馬選手はTWICEを選曲するなど、ここ最近の日本でのK-POPシーンを反映しているように思えます。

 

セ・リーグ 曲名 アーティスト
広島東洋    
岡田 明丈 BANG BANG BANG BIGBANG
西川 龍馬 TT TWICE
東京ヤクルト    
藤井 亮太 MASAYUME CHASING BoA
読売巨人    
吉川 尚輝 DDU-DU DDU-DU BLACKPINK
吉川 光夫 No Regret U-KISS
野上 亮磨 DOPE -超ヤベー!- BTS (防弾少年団)
鍬原 拓也 BANG BANG BANG BIGBANG
折下 光輝 WHO YOU? -JPN- G-DRAGON (from BIGBANG)
阪神    
岡本 洋介 monster BIG BANG
荒木 郁也 LIKEY TWICE 
横浜DeNA    
綾部 翔 BOOMBAYAH BLACK PINK
西森 将司 ANPANMAN BTS
石川 雄洋 AS IF IT'S YOUR LAST(KR ver) BLACKPINK
  WHISTLE(KR ver) BLACKPINK
大和 BOOMBAYAH BLACK PINK
青柳 昴樹 ピタカゲ G-DRAGON
中日    
友永 翔太 BANG BANG BANG BIG BANG

 

ちなみに私が西武ファンなのでコメントすると、西武から移籍した巨人・野上亮磨投手や阪神・岡本洋介投手は西武時代からそれぞれ防弾少年団とBIGBANGの曲を引き継いで選んでいます。やはりどの選手も気に入ったアーティストは引き続き使う傾向にあるようです。